白い歯

インプラント治療には2つの方法がある|歯を大切にしましょう

歯周病を知ろう

女性

歯の病気にはいろいろありますが、そのなかでも気になるのが歯周病ではないでしょうか。名前は聞いたことあるがどんな病気なのかわからないことが多いと思うので、歯周病について知識を増やしましょう。まず、歯周病の原因はプラークや歯石です。これらは歯磨きで予防することができるので食事後には歯磨きをするようにしてください。しかし、遺伝が原因の歯周病もあるので、大阪の歯科で診てもらいましょう。原因であるプラークというのは、歯についているねばねばしたもので細菌などでできています。このプラークは歯につくとなかなか落ちづらいので、しっかりと歯磨きをしないと落ちません。また、プラークは糖分の高い食べ物で作られることがあるので、日頃から甘いものを食べているのであれば注意しないといけないです。
歯周病の症状には歯茎が腫れることや出血したりすることがあります。また、歯茎が通常よりも下がってしまうこともあるので、鏡で見たときに下に下がっていると感じるのであれば大阪の歯科で歯周病の可能性があるか診てもらってください。歯ぎしりが直接的に歯周病の原因になることはないですが、強く噛むことで出来る歯のくぼみにプラークや歯石がつく可能性があるので、歯ぎしりが気になるのであれば大阪の歯科で歯ぎしりについて相談してみましょう。また、噛み合わせが悪いと歯周病が進行してしまうことにもなります。妊婦はホルモンの影響で歯肉が痛んだりすることがありますし、高齢になると歯肉が弱くなることがありますので妊娠されている女性や高齢の人は気をつけてください。大阪の歯科に行くときには歯周病についてのパンフレットがあると思いますので、他の症状が出てないか確認しょう。