白い歯

インプラント治療には2つの方法がある|歯を大切にしましょう

黒い点の正体

白い歯

鏡で自分の歯を見たときに黒い点を見つけて虫歯ができたと思う人は多いはずです。しかし、黒い点がすべて虫歯ということではないので黒い点の原因などを教えます。気になるのであれば上石神井の歯医者へ行って診てもらいましょう。まず、着色で表面などが黒くなることがあると思います。この着色はコーヒーを多く飲んだりタバコを吸う回数が多かったりする人に多いです。着色は通常の歯磨きで落とすことが難しいので、上石神井の歯医者のホワイトニング治療で白く綺麗にすることができます。しかし、原因である着色しやすいものの摂取を控えるようにしなければ根本的な解決にはならないので気をつけてください。
歯の溝や歯と歯茎の間にある黒い点は、硬くなった初期段階の虫歯である可能性が高いです。歯というものは溶けたり再生したりするものですが、溶けたときにできた虫歯が再生されているときに残ってしまったことで硬くなった虫歯ができます。この硬くなった虫歯は口内環境が良ければ進行はしないので、削る必要はないです。しかし、虫歯を進行させないために予防として口内環境を良くしてください。表面上は小さい黒い点ですが、歯の中では虫歯が進行している可能性のある黒い点には気をつけなければなりません。このときは歯を削ることになるのですが、上石神井の歯医者ではなるべく神経を残すように虫歯の治療を行います。しかし、虫歯の範囲が大きいと神経まで取ってしまうことになるので、いずれにしても黒い点を見つけたら上石神井の歯医者でどんな治療が必要になるのか診てもらってください。